auからUQモバイルへ乗り換え方法!

UQモバイルのメリット・デメリット

格安SIMは電話やデータ通信は変わらずできるの?

格安SIMは、電話やデータは同等のように使用できるのですが、速度は若干弱い。

格安SIMの基本

格安SIM会社の通信網は、ドコモやauが全国に展開しているネットワークをレンタルして使用しています。

基地局も同じものを利用しているので、格安SIMだからといってエリアが狭まるという心配はございません。

繋がる場所・つながりにくい場所の判断も、大手キャリアと契約しているのと同じです。

郊外や山間部も、人の生活圏内であればほぼ心配はありません。

離島・辺地・過疎地の場合は若干注意が必要です。

混雑時間帯の通信速度はキャリアよりも若干遅め

混雑時は若干遅め2

大手キャリアからレンタル用に設定した帯域を複数の格安SIM会社で利用しているので独占的に使用できるわけではないので、混雑時にどうしもキャリアに比べて遅くなります。

平日の場合は、サラリーマンの休憩時や退勤後は多くの人がスマホを使うので混雑しやすい

格安SIMの最大の弱点は通信の混雑のしやすさ

「格安」と聞くと、回線の品質も悪いのではないかと想像してしまうかもしれませんが、決してそうではありません。
スマホがアクセスする通信網は大手キャリアが設置したものと同じものなので、基地局の数や設備の質を心配する必要はありません。

ただし、混雑時の通信速度低下については、キャリアで契約していた頃よりも、その影響が大きくなります。
大手キャリアがレンタル用に提供している帯域には、その回線を使用する複数の会社が利用している分、利用ピーク時間帯には混雑による速度低下がどうしても起こってしまいがちです。

お昼時や夕方頃の時間には、動画視聴などの大きなデータを送受信する必要のある動作はあまりスムーズにいかないかもしれません。

解決方法として、無線LAN環境がある場合は、格安SIM回線の混雑状況による影響を受けません

 

 

公開日: